ハゲを馬鹿にする人達について

"私自身薄毛で悩んでいるのですが、悩んでいることを兄夫婦も知っています。同僚が言うにはまだ薄毛ではないらしいのですがそれでも一応私としては悩んでいます。前から徐々に薄くなってきているような、おでこが徐々に広くなっているような感じがしています。

 

兄夫婦と会うのが辛くてたまりません。フサフサ頭で絶対にハゲないと自身満々の兄がすぐに髪の毛の話題をしてきますし、兄夫婦の子供達が私に対しハゲという言葉を連呼してくるのです。同じ兄弟でも兄と私は髪質が違いますし、髪の毛の量も子供の頃から兄の方が断然多く、私は子供の頃からスカスカでした。それ故に年を取ってからというもの私に対してフサフサ自慢をしてくるようになりました。義姉も私の頭を見てニヤニヤしてきたりハゲ関連のギャグを言ってクスクス笑っています。面白いと思って言っているのでしょうが私からするとちっとも面白くありません。悩んでいる者に対しての配慮など皆無で、人間性を疑います。

 

彼らとは正月、GW、お盆といった大型連休時に実家で会います。私としてはもう会いたくありません。兄一家と会えば何を言われるか分かっています。たとえばレストランなどに行って照明のオレンジ色の光が頭に当たったとき、私の頭を見てハゲに見えると毎回のように言ってきます。正直言って兄一家と一緒にご飯を食べていると不味くなるので同席したくありません。ちなみに他の家族は悪いことは何も言わず、頭のことなんて心配しなくて良いと言うくらいでしょうか。

 

一応ハゲないように清潔にしていますし発毛剤などの商品も使っていますけれども、効果が出る前に精神的ストレスで本当にハゲてしまいそうです。兄弟なので切るに切れない縁ですし性格の問題でもあるので今さらどうにもなりませんが、兄夫婦のことが脳裏に浮かぶだけで本当に苦痛です。"